びわの葉

MENU

びわの葉の血糖値を下げる効果

びわの葉

 

びわの葉茶はノンカフェインで、古くから去痰作用や腸の働きを整える作用があるとして知られています。
びわの葉には、ビタミンやミネラルそしてタンニンなど体に良いと言われている成分が豊富に含まれていることも特徴と言えるでしょう。

 

しかし、びわの葉の成分はそれだけに留まりません。

 

びわの葉には、インスリン様物質としても知られているコロソリン酸も含まれているのです。
コロソリン酸は、糖の取り込みを調整する成分で、血糖値を下げる作用を持っています。
そのため、昔から民間薬として使われることも多く、漢方薬の原料としても珍重されてきました。
さらに、びわの葉には高麗人参などで有名なサポニンも含まれています。

 

サポニンは、主に血流を促進させる効果が期待できる成分として知られていますが、その他にも様々な恩恵が有る様です。
今までは、漢方薬の一原料として、目立つ存在では有りませんでしたが、糖尿病や生活習慣病などの予防改善が期待されるお茶として、近年改めて注目が集まっている様です。

 

 

びわの葉の効果

・整腸作用
・抗菌作用
・血糖値改善
・鎮痛作用
・抗癌作用
・血行促進
・利尿作用
・去痰作用