血糖値を下げるお茶特集|糖尿病を予防するお茶とは?

MENU

血糖値を下げるお茶|糖尿病予防 | お茶の活用術!

血糖値を下げるお茶とは?

 

血糖値を下げるお茶と聞いて、皆様はどういった茶葉をイメージされるでしょうか?

 

血糖値の改善に効果が期待できる茶葉は、古くから漢方薬の原料などとしても利用されており、
今では様々な茶葉が確認されています。

 

これらの茶葉成分ですが、血糖値を下げる効果としては、主に以下の二つに分類することが出来る様です。

 

(1)食後血糖の上昇を緩やかにしてくれるお茶成分

 

(2)糖質の代謝を改善してくれるお茶成分

 

 

食前や食事中には、できるだけ血糖値を上げにくくする作用をもったお茶を飲むことで、高血糖対策をしておけば、
合併症のリスク軽減にも繋がりますし、安心です。

 

血糖値を下げる成分というものは、比較的じっくりと煮出すことでお湯に溶解する性質をもつものが多い様です。

 

ですので、ヤカンでじっくりと煮出してから飲むのが、理想的な飲み方だと言えるでしょう。

 

血糖値改善に効果の期待できるお茶や、その成分などを紹介していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

 

予防する姿勢が大切!

 

血糖値が高い状態が続くと、糖(グルコース)が血管を攻撃するため、細い血管が切れたり詰まったりしてしまいます。

 

特に、細い血管が集中している腎臓や、目の網膜、末梢神経などは大きなダメージを受けかねません。

 

糖尿病が進行すると、腎臓機能に障害が出てきますが、それはブドウ糖が腎臓の毛細血管にダメージを与えているからです。

 

腎臓の機能が低下すると、やがては人工透析を受けなければなりません。

 

毎年糖尿病が原因で3万人以上の方が人工透析を始めています。

 

血糖値は、食事によって常に変動をしているのですが、血糖値の正常な変動幅であれば、だいたい70〜120mgdlの間におさまっています。

 

また、血糖値の管理も大切ですが、忘れてはいけないのがヘモグロビンA1cです。

 

長期的にヘモグロビンA1cの数値を改善して、6.2(NGSP)以下になる様に頑張りましょう!

 

食後の血糖値を上げない様にすることも、糖尿病の進行を抑える重要な手段なのです。

 

 

血糖値を下げると話題の成分

ピニトール

 

アイスプラントという植物に含まれる成分ピニトールが、血糖値を下げる効果があるとして、多くの研究結果が示されています。

 

ピニトールは、インスリン様物質とも呼ばれる成分で、大変注目されています。

更新履歴